成人看護学(慢性期)研究室

成人慢性期看護学領域の紹介

1.成人慢性期看護学領域とは
 様々な病気の中には、一度かかると一生涯にわたって管理が必要なものがあります。糖尿病や慢性呼吸疾患、難病、がんなどは、人々に慢性的な経過をたどる健康障害をもたらします。慢性疾患にかかった人は、病状が悪化しないように治療を継続的に受けたり、運動療法や食事療法などの自己管理を長期にわたって行ったりする必要があります。成人慢性期看護学領域では、慢性的な経過をたどる健康障害をもった人々の看護について学びます。慢性疾患にかかった人が、病気にともなって生じる多様な問題に取り組み、より良く生活するための力をつけることを支援する看護を追究したいと考えます。
 成人慢性期看護学領域は5名の教員で構成されます。それぞれが研究テーマを持ち、教育のみならず、健康障害を持つ人々の看護について研究としても取り組んでいます。

2.教員
 ・片岡純 教授
 ・広瀬会里 准教授
 ・尾沼奈緒美 講師
 ・平野明美 助教
 ・西脇可織 助教

〒463-8502名古屋市守山区上志段味東谷 愛知県立大学看護学部 愛知県立大学大学院看護学研究科
TEL:お問い合わせ一覧をご覧ください, FAX:052-736-1415

Copyright© 2018 Aichi Prefectural University, All rights reserved.