成人看護学(急性期)研究室

研究室紹介

成人看護学(急性期)では、成人期における手術療法を受ける患者や突発的な事故や重篤な疾病によって生命の危機状況にあり、精神的かつ集中的ケア(クリティカルケア)を必要とするとその家族に対する看護を学習します。

まず、手術療法に伴う侵襲によって循環器系、呼吸器系、消化器系、栄養・代謝系などが必然的にどのように影響を受け変化するのか、その影響をどのように判断して周術期(手術前・中・後)の看護を導くかを学習します。さらに、手術によって生じる構造的・生理的機能の変化の理解を基盤に、特に、食道、胃、膵臓、肝臓、直腸、肺、口腔の手術後の機能変化を中心に、機能変化をどのように判断してセルフケアの確立を目的とした具体的な援助を導くかを学習します。

手術のみならず様々な侵襲によって精神的かつ集中的ケアを必要とする患者の主な病態である意識障害、呼吸障害、循環障害、体温異常などを、どのように判断し、様々な生体反応を緩和して現在ある機能を最大限に高めていく援助を導くかについて学習します。これらの知識と演習で身につけたフィジカル・アセスメント技術や日常生活援助技術を実際に実習で展開していきます。

博士前期課程成人急性期看護研究分野では、手術療法やクリティカルケアによって生命の危機状態や日常生活の変化を伴う生理的機能変化が生じた患者とその家族について、その身体的・精神心理的・社会的特徴を理解し、患者の生命の維持・回復、苦痛の緩和、セルフケア能力の回復や再獲得、QOL(生活の質)の向上を目的とした看護援助や家族への支援の方法を探究します。

周術期看護、クリティカルケア看護、摂食嚥下障害看護について、大学院生の関心に沿って研究テーマを設定しています。研究方法は尺度開発などの量的研究、実験研究を行っています。


過去3年間

卒業研究のテーマ

平成25年

  • 好みの音楽が疼痛に及ぼす影響
  • スクラッピング法を用いたブラッシングによるPraque control
  • 足浴の湯量の違いが循環器系に及ぼす影響

平成26年

  • 上腕部の痛みに対するアロマセラピーの効果
  • ICU環境下において性別が対人距離に及ぼす影響
  • とろみ調整食品を添加した味噌汁に対する官能試験
  • 座位・前傾姿勢での努責時の呼吸方法が循環器、呼吸器に及ぼす影響

平成27年

  • 部屋の明るさが痛みに与える影響
  • 好みの音楽が上腕部の痛みに与える影響

博士前期課程修了生の研究テーマ

平成25年

  • 脳卒中急性期における誤嚥性肺炎のリスクをアセスメントするためのアルゴリズムの開発
  • 喉頭全摘術を受ける患者の治療法の意思決定に影響する要因

平成27年

  • 嚥下が非侵襲的陽圧換気療法(NPPV)施行中の呼吸へ及ぼす影響

博士後期課程修了生の研究テーマ

平成27年

  • がん患者の抑うつを早期発見するためのアセスメントツールの開発
  • 脳卒中急性期患者に対する誤嚥性肺炎予防のための梨状窩吸引プログラムの開発

教員紹介

成人看護学(急性期)領域は、以下の4名で構成され、愛知県立看護短期大学、愛知県立看護大学、愛知県立看護大学大学院、愛知県立大学大学院の卒業生ないし修了生です。

  • 教授  深田 順子
  • 准教授 石光芙美子
  • 助教  西岡 裕子
  • 助教  渡邉 直美

〒463-8502名古屋市守山区上志段味東谷 愛知県立大学看護学部 愛知県立大学大学院看護学研究科
TEL:お問い合わせ一覧をご覧ください, FAX:052-736-1415

Copyright© 2018 Aichi Prefectural University, All rights reserved.