教員紹介

柳澤 理子

柳澤 理子

氏名 柳澤 理子 (やなぎさわさとこ)
職位 教授
担当科目

学部
在宅看護学概論、在宅看護学実習、地域看護方法論、対象別保健指導論、公衆衛生看護学実習、国際保健学、国際看護学
博士前期課程
国際看護学特論、国際保健福祉論、ヘルスプロモーション論、在宅ケア論、地域看護学演習・実習・実験、地域看護学特別研究
博士後期課程
コミュニティケアシステム特論、看護学演習(コミュニティケアシステム)、特別研究Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ

専門領域

公衆衛生看護学
在宅看護学
国際看護学

研究テーマ

1 住民の受療行動、保健行動とその関連因子に関する研究

2 開発途上国の母子保健、感染症対策、人材育成などに関する研究

3 在日外国人の健康、ヘルスリテラシー、CSHCN(Children with Special Health Care Needs)に関する研究

 

研究内容
  • 元木麻衣子、柳澤理子、山口桂子.在日ブラジル人の特別な保健医療ニーズを持つ児(CSHCN)の保健医療サービスへのアクセスと母親の育児ストレス.国際保健医療,31(2),99-111,2016.
  • 藤井かしこ,柳澤理子:訪問看護氏が行う在宅リハビリテーションに関する研究動向.日本在宅看護学会誌, 5(1), 148-157, 2016.
  • Hidemi Hashimoto, Satoko Yanagisawa. Development of health literacy scale among Brazilian mothers in Japan. Health Promotion International, 1-7, 2016. doi: 10.1093/heapro/daw040
  • Kyoko Koto-Shimada, Satoko Yanagisawa, Puangrat Boonyanurak, Noriko Fujita: Building the capacity of nursing professionals in Cambodia: Insights from a bridging programme for faculty development. International Journal of Nursing Practice, 22(Suppl. 1), 22-30, 2016.
  • 島上祐樹,堀場隆広,田中利幸,宮本晃吉,榎掘優,間瀬健二,川部勤,清水卓也,柳澤理子,水野寛隆,鈴木陽久:圧縮または伸縮を検知できる布製のセンサを用いた生体計測システムの開発.あいち産業科学技術総合センター研究報告,5,122-125,2016.
  • Yanagisawa S,Soyano A, Igarashi H, Ura M, Nakamura Y. Effect of a maternal and child health handbook on maternal knowledge and behaviour: a community-based controlled trial in rural Cambodia.Health Policy and Planning. 1-9. 2015. Open Access: doi:10.1093/heapol/czu133
  • 柳澤理子,原沢優子,青山京子,古田加代子,佐久間清美,名知咲子,杉山希美:卒業前の看護実践能力育成への取り組み 愛知県立大学看護学部「看護の統合と実践」検討プロジェクト(第11回) 分野別演習の指導計画と実施状況 在宅看護学 COPDで在宅酸素療法を導入した療養者の事例を用いた演習.看護教育,56(7):666-670,2015.
  • 横地美那,恵美須文枝,柳澤理子,志村千鶴子。更年期症状で婦人科を受診している女性の体験.日本助産学会誌,29(1):59-68,2015.
  • 青山京子、国井由生子、柳澤理子、石崎美保、古田加代子、佐久間清美、元木麻衣子.  特別な保健医療ニーズをもつ在日外国人母子の保健福祉サービス活用にかかわる保健師の支援プロセスと影響要因.日本地域看護学会誌,16(3),22-31,2014.
  • 藤原奈佳子、小野薫、森田恵美子、安西由美子、永井昌寛、森雅美、賀沢弥貴、柳澤理子、古田加代子. 急性期病院における病棟看護師の退院支援に関する自己評価.愛知県立大学看護学部紀要,19,49-59,2013.
  • 田中郁子、柳澤理子. 外国人医療通訳者の体験した困難とその対処.国際保健医療,28(4), 305-316,2013.
  • 橋本秀実,柳澤理子.  移民のヘルスリテラシーに関する研究動向.国際保健医療,27(4), 337-348,2012.
  • Yi S, Poudel KC, Yasuoka J, Palmer PH, Yi S, Yanagisawa S, Jimba M. Sibling care, school performance, and depression among adolescent caretakers in Cambodia. Asian Journal of Psychiatry 5(2), 132-136.2012.
  • Yanagisawa S, Soyano A, Igarashi H, Hang V, Oum S, Ura M. Development of a short version of wealth index and its application in research on maternal health knowledge and behavior. Journal of International Health. 27(2): 141-149, 2012.
  • 橋本秀実、伊藤薫、山路由実子、佐々木由香、村嶋正幸、柳澤理子.在日外国人女性の日本での妊娠・出産・育児の困難とそれを乗り越える方略. 国際保健医療. 26(4):281-293, 2011.
  • Yanagisawa S, Poudel KC, Jimba M. Sibling caregiving among children orphaned by AIDS: Synthesis of recent studies for policy implications. Health Policy. 98:121-130. 2010.
  • Yanagisawa S. Childbirth in Japan. In Childbirth across cultures. Selin H and Stone P Ed.  Springer, 85-94, 2009.
  • Yanagisawa S, Wakai S. Professional healthcare use for life-threatening obstetric conditions.  Journal of Obstetrics and Gynaecology. 28, 713-719. 2008.
  • Yanagisawa S, Oum S, Wakai S. Determinants of Skilled Birth Attendance in Rural Cambodia. Tropical Medicine & International Health.11(2), 238~251, 2006.
  • Yanagisawa S, Mey V, Wakai S. Comparison of health-seeking behavior between poor and better-off people after health sector reform in Cambodia. Public Health. 118(1), 21-30, 2004.

 

オフィスアワー 水曜日 12:00~13:00
ひとこと

公衆衛生看護学、在宅看護学、国際看護学を教えています。日本の地域から世界の地域まで、多様な社会と文化における健康と看護を一緒に学びましょう。
保健師の方々からの様々なご相談にも応じています。

(お知らせ) 第25回愛知国際看護勉強会
日時: 2017年12月2日(土) 13:30~16:00
場所: 名古屋大学医学部保健学科 本館2階第3講義室
(地下鉄ナゴヤドーム前矢田駅または砂田橋駅から5徒歩分)
名古屋市東区大幸南1丁目1番20号
TEL:052-719-1574
テーマ:「アメリカと日本の大学院で国際看護学を学んで:Cross-cultural researchに焦点をあてて」  
講演者:田辺幸子先生(藤田保健衛生大学)
     青年海外協力隊またJICAジュニア専門員としてフィリピンやフィジーで仕事をした後、
     アメリカの大学院で、公衆衛生・熱帯医学の修士課程で学び、
     また日本の博士課程で国際看護の研究をされました。
     その経験から、cross-cultural researchの進め方や苦労したことなどをお話しくださいます。          
参加費無料

次回は2018年3月の予定です。

教員紹介リンク https://researchers.aichi-pu.jp/profile/ja.ef2edfb71f7f6dd2.html

 

〒463-8502名古屋市守山区上志段味東谷 愛知県立大学看護学部 愛知県立大学大学院看護学研究科
TEL:お問い合わせ一覧をご覧ください, FAX:052-736-1415

Copyright© 2018 Aichi Prefectural University, All rights reserved.