基礎看護学研究室

基礎看護学へようこそ

 


基礎看護学の紹介

基礎看護学は、看護学を学ぶ最初に位置づけられています。ここでは「看護とは何か」「健康とは何か」「看護の対象はどのような人か」をはじめ、倫理観や、基礎的な看護技術について学び、充実した学内実習・臨地実習を通して、看護のプロフェッションに必要な看護実践能力を習得します。


担当教員

小松 万喜子
曽田 陽子
佐藤 美紀
西尾 亜理砂
籠 玲子
佐々木 久美子
金澤 美緒
横林 康子


基礎看護学で学ぶこと

 

 

 

「看護学概論」 看護学の導入として、幅広く看護のあり方について学びます
「看護倫理と理論」 看護実践を支える倫理的態度と理論を学びます
「生活援助技術論」 移動の援助、清潔の援助など、生活を援助する技術について、講義と演習をとおして学びます
「足浴(そくよく)」の演習風景です 

 

「寝衣(しんい)交換」の演習風景です

 

「初期体験看護実習」 Part1では、病院の見学や講義をとおして、看護部門とその他の部門の機能と役割を学びます
Part2では、入院患者さんの看護の一部を看護師や教員とともに体験します

「看護アセスメント論」 看護の対象者を生理的心理社会的な全体として理解するための視点とアセスメント方法を学びます
「看護過程論」 対象が援助を必要としているニーズを把握して、的確で質の高い看護ケアを計画的に提供し、成果を得るための思考方法を学びます
「診療援助技術論」 診療を受ける患者さんを援助する看護技術について、講義と演習をとおして学びます
「基礎看護学実習」 受け持ち患者さんにどのような看護が必要か、それはなぜか、どのような方法で行うとよいかを考え、看護師や教員とともに実践します

 

「看護学統合演習」 4年生の臨地実習が終わった卒業前の時期に、基礎的な看護技術のさらなる習熟と複雑な状況にも対処できることを目指して演習を行います
「卒業研究」 学生各自の看護に対する興味や関心があることに研究的に取り組み、卒業論文を作成します

 


卒業研究テーマ

【平成29年度】

  • 在宅療養中の終末期がん患者を介護する家族の思い
  • 手術を受けるがん患者の不安と必要な看護援助
  • 乳がん患者ががん告知から治療決定までの過程で抱く思いとその看護について
  • 看護学生のユニフォームに対する清潔行動と意識に影響する要因
  • 臨地実習における患者と学生間に生じた沈黙の捉え方と行動の実態
  • 胃瘻に関する認識による看護学生と家族の胃瘻造設選択と決定要因
  • 高照度光が施設高齢者の睡眠に及ぼす影響
  • 『臨地実習をグループで行うことができてよかった』と思う看護学生の経験
  • 思春期に慢性疾患を発病した娘をもつ母親の思い
  • エンゼルケアに対する看護師の思いと実践

 

【平成28年度】

  • 救急医療の場における延命治療の代理意思決定を行う家族への看護
  • 終末期がん患者とその家族がスムーズに在宅移行するために必要な看護支援
  • がん告知時に患者の家族が抱く思いと必要な看護
  • 臨地実習における看護学生の食生活の現状と課題
  • 入院患者の摂食嚥下訓練に対する看護師の実施状況についての文献検討
  • 臨地実習での看護学生のボディメカニクスの意識と活用状況
  • 患者が求める看護師の言葉遣い
  • 表現アートセラピーに関する文献検討
  • 看護学生の睡眠の質および昼間の眠気と睡眠環境や習慣の関連
  • 看護場面における看護学生と看護師の気づきと考える援助
  • 新卒でICUに配属された看護師がICU看護を続けてきた原動力
  • 看護学生と看護師の静脈血採血における駆血圧の比較

 

【平成27年度】

  • 乳がん患者が治療法の意思決定の際に抱く思いに関する文献検討
  • 終末期がん患者のスピリチュアルペインと看護援助に関する文献検討
  • 小児がんの子どもをもつ母親への看護
  • 患者とのコミュニケーションに関する文献検討
  • 舌苔除去を目的とする口腔ケアの現状と課題
  • 男性看護師が認識する男性看護師の強みと組織への影響
  • 患者に対する言葉づかいに関する看護師の意識
  • がんに罹患した母親が自分の病気を子どもに伝える際の看護支援

 

 

〒463-8502名古屋市守山区上志段味東谷 愛知県立大学看護学部 愛知県立大学大学院看護学研究科
TEL:お問い合わせ一覧をご覧ください, FAX:052-736-1415

Copyright© 2019 Aichi Prefectural University, All rights reserved.