教育方針

豊かな心と知識と技術が融合した理想の看護をめざして

看護学部長
柳澤 理子

 本看護学部は、地域の医療、保健の現場を支え、看護を牽引する人材を育成することを目指しています。
 高度先進医療やAIの活用など、医療分野の技術革新には目覚ましいものがあります。また、急速に進む高齢化によって、回復期や慢性期の患者、さらに在宅療養者が増加するなど、看護ニーズは複雑化、多様化してきています。このようなニーズに対応できる知識や技術を獲得するには、従来の看護師・保健師・助産師を合わせて4年間の教育では不十分だと言われています。
 本学では、このような社会の要請に一早く対応し、助産師に続いて保健師を大学院化し、より高度な実践者の育成を目指すとともに、看護学部4年間をかけて、現場での通用性の高い実力ある看護師を養成します。

■技術力重視の充実した学習内容
 本学部では技術教育に力を入れており少人数での技術教育、シミュレーション教育を充実させ、自信をもって就職できる実践力の修得を目指します。

■愛知県の特性を活かしたユニークな科目
 在留外国人への文化ケア、南海トラフ地震等を視野に入れた災害看護、海外短期留学や国際保健等を通じたグローバル人材としての基盤形成など、ユニークな科目をさらに充実させていきます。

■地域でリーダーシップを発揮する高度実践者、教育・研究者、看護管理者の育成
 大学院では、専門看護師、助産師、認定看護管理者など、高度実践を目指すコースが充実しています。教育・研究者を目指す学生にとっても、教育科目が充実していることで知られており、リーダーとして活躍する人材を輩出することを目指しています。

■地域の保健医療課題解決に向けた協働
 看護学部には、地域や病院と協働して、看護師の実践力向上、災害対策、子育て支援、生活習慣病予防などに取り組んでいる教員がいます。看護学部がもっている「知」を地域に還元し、地域と協働して課題解決に取り組んでいきます。

教育目標

  • 科学的思考と科学的問題解決能力を育成する。
  • 人間を全体的・総合的に捉え、その個別性に対応して生活の質を考慮した看護が行える能力を育成する。
  • 保健医療福祉システム全体の中で看護を位置付け、その総合体制の中で調整的役割をとって地域への貢献を果たすための看護管理・教育の能力を育成する。
  • 科学・医療の発達に向けて自己啓発を続けることのできる幅広い教養と科学的根拠に基づいて実践していくための能力を育成する。
  • 国際社会の中で看護の発展に向けて、さまざまな人々と協力し、すべての人々の健康の保持・増進に寄与できる能力を育成する。

 21世紀の国際社会、少子高齢社会では、保健医療の場における看護職の活躍が期待されています。看護の対象は、治療を受けて病気や障害からの回復を目指す人はもちろんのこと、治らない病気や障害と共に生きる人、病気を予防しさらなる健康を目指す人々です。看護職は、その人の生活を援助するのであり、医療の場の生活、在宅における生活、地域住民の生活、企業で働く人々の生活を看護の知識と技術を用いて支援します。

 だからこそ、人への思いやりと人間愛を根底に、対象者を自然と社会との関わりの中で生活する存在として捉え、現象を科学的・理論的、かつ倫理的に判断できることが重要です。さらに、国際社会に生きる日本人として、異文化との共生、国際感覚の涵養など、豊かな人間性を基礎とした幅広い視野が必要となるのです。

 本学部では、教育目標に基づき、看護学の専門的知識と技術の修得と、豊かな人間性を備えた人材の育成を目指します。さらに、人々の健康と看護学の発展に寄与できることを目指して、「考えて実践・行動できる」「判断できる」「創造できる」などの能力を備えた資質の高い看護専門職業人を育成します。

 

本学の特長

人間性を尊重した看護教育

今は、寿命を延ばすことだけを目標にした医療ではなく、人が人らしく生きられる医療環境が望まれる時代。そうした中、知識や技術に優れているだけでなく、患者さんの心や個性を理解し、精神面からサポートできる看護職者が求められています。本学では人間理解を深める授業を設けるなど、人間性を尊重した看護教育に重点を置いています。

実践力が身につく実習

あらゆる場面・状況に対応できる高度な看護実践能力を養うため、本学では1年次から数多くの実習に取り組めるようカリキュラムを編成しています。さらに、高学年次になると外部提携先である病院や保健所、介護保険施設、保育園などで実際の看護師、保健師や助産師とともに現場での看護を学びます。

人々の暮らしと地域を守る看護職者の育成

病気や障害を持った人々を支えることはもちろんですが、人々が病気にかからないよう、また安心して健全な生活を営めるよう指導するのも看護の大切な役割です。本学では保健所・市町村などで保健指導を行う保健師教育も同時に行い、人々の暮らしと地域を守る看護職者の育成に取り組んでいます。

看護能力を高める大学院

看護学の基礎を修めた者が更に広い視野に立って専門分野の学識を深め、科学的思考力、基礎的な研究能力および看護実践、看護教育、看護管理、看護行政等における指導的能力を養うことを目的としています。 また、科目等履修生・聴講生・研究生の制度によって、看護職の生涯教育の一端を担うことも視野に入れています。

 

〒463-8502名古屋市守山区上志段味東谷 愛知県立大学看護学部 愛知県立大学大学院看護学研究科
TEL:お問い合わせ一覧をご覧ください, FAX:052-736-1415

Copyright© 2018 Aichi Prefectural University, All rights reserved.