ようこそ

「もりっこやまっこ」の紹介

活動の名称と概要

子育てひろば「もりっこやまっこ」(通称「もりっこやまっこ」)とは、愛知県立大学の守山キャンパスで行っている子育て支援事業の総称です。
この事業は、実施内容により次の2種類の活動で構成されています。

  • 「自由ひろば」
    広い体育館のスペースを活用してお子さんと保護者のかたがのびのびと遊ぶことができる場の提供
  • 「もりっこやまっこ」サロン
    お子さんと保護者のかたが楽しく学びあらたな情報を得る場、遊びながらリフレッシュできるような場の提供

事業主体と構成メンバー

「もりっこやまっこ」事業は、愛知県立大学看護学部 看護実践センター 地域支援委員会が主体となって行っています。
この委員会の構成メンバーは本学の看護学部教員、および事務職員です。

「もりっこやまっこ」が始まった経緯とこれから

 この事業は、本学の「魅力あふれる大学づくり事業(魅力事業)」の一環として大学が地域と連携する活動を目指して、平成19年11月に始まりました。
平成22年度までは、大学の魅力事業研究費や日本学術振興会による研究助成を受け、保育園・幼稚園に上がる前の0~3歳のお子さんと保護者のかたを対象に、守山キャンパスの体育館を開放し、子育て支援事業を行ってきました。

 平成23年度以降、愛知県立大学看護実践センターにおける地域貢献事業に位置づけ継続してきました。

 その結果、多くの方々のご参加により、教育・研究をとおした地域貢献事業として継続することができ、今後も活動して参りたいと考えております。

子育てひろば関連組織と保険の加入状況について

子育てひろば全国連絡協議会のひろば会員です

「もりっこやまっこ」は、NPO法人子育てひろば全国連絡協議会(ひろば全協)の「ひろば会員(団体)」です。「ひろば会員(団体)」は、ひろば保険に加入することができますが、総会議決権はありません。

子育てひろば総合補償制度に加入しています

「もりっこやまっこ」は、「子育てひろば総合補償制度」(正式名称:施設賠償責任保険・生産物賠償責任保険・レジャー・サービス施設費用保険・約定履行費用保険)のうち、「1.賠償責任補償制度 ①子育てひろば事業」に加入しています。

この制度は、ひろば全協会員専用の制度であり、ひろば全協事務受託会社の東京海上日動火災保険株式会社が運営しています。

「1.賠償責任補償制度 ①子育てひろば事業」は、事業中のひろば施設内で養育者が子どもといっしょにいる場合の事故について補償されるものです。

「もりっこやまっこ」開催中に、万一不慮の事故が起こった場合は、上記の「子育てひろば総合補償制度」の適用範囲内で対応いたします。
詳しくは、「ひろば全協」のホームページをご参照ください。

事業方針

「もりっこやまっこ」は次のような方針のもとに行っている事業です。ご参加頂ける皆様には十分ご理解いただいたうえでご参加頂きますようお願いいたします。

「もりっこやまっこ」は、愛知県立大学の教育・研究と地域への貢献の両立をめざしています。

  • 子育て支援による地域貢献の場として
    • 看護学部の教員は、健康に関するさまざまな知識や技術をもっています。それぞれの専門性を活かして子どもたちのすこやかな育ちと保護者の皆さんの子育てに寄り添います。
  • 看護学部・看護学研究科の学生の教育の場として
    • 看護学部生が子育て環境や子どもの成長を理解するための実習の場として活用しています。
    • トレーニングした大学院生が、子育てをする保護者同士の仲間づくりや、子育て支援に関する情報を提供する学習の場として活用しています。
  • 子育て支援などに関する教員・学生の研究の場として
    • 子育てや育児に関する研究を行っている教員や大学院生が、子育ての実情や子育て支援のニーズなどの情報を把握する研究の場としても活用しています。

    このような目的のため、一般的な子育てひろばより開催回数や設備環境に限りがございます。

  • 講義・実習などの教育活動状況により、スタッフを十分確保できない期間があります。
    • そのため、開催回数を限定しています。
    • スタッフによる十分な見守りができないため、お子さんの安全は各保護者のかたで見守りをお願いします。
  • もりっこは、体育館という冷暖房設備のない施設で行っています。
    • 体温を調節しやすい服装、水分補給の準備をしてご参加ください。
    • 床が非常に硬いので、転びにくい工夫(裸足、室内靴の準備など)をお願いします。

ご協力のほど、よろしくお願い致します。

もりっこやまっこキャラクター

もりっこあら・やまっこあら