認定看護師教育課程 閉講のご挨拶

 

本認定看護師教育課程は2008年に開校し、がん化学療法看護分野は11期生、がん性疼痛看護分野は12期生を輩出いたしました。今年度は両分野ともに休講とし、教育課程継続の可能性を模索してまいりましたが、認定看護師の教育を取り巻く諸般の事情により、2021年度末をもって教育課程の幕を閉じることにいたしました。

これまでのご厚情に対する感謝の意を表しますとともに、謹んで閉講のお知らせを申し上げます。

2008年度から2020年度までに、がん化学療法看護分野は215名、がん性疼痛看護分野は213名の修了生を輩出し、修了生は全国の医療機関で活躍しています。多くの方の指導により、水準の高い看護実践ができる認定看護師を社会に送り出すという本教育課程の役割を充分に果たすことができたと考えております。今後は、修了生を含む認定看護師を対象としたセミナーの開催を通して、認定看護師の活動を支援してまいります。

 

令和3年6月吉日

愛知県立大学看護学部長/認定看護師教育課程主任教員 片岡純

愛知県立大学看護実践センター長 深田順子