看護管理者のための医療安全セミナーのご案内

看護管理者のための医療安全セミナー


医療安全のための業務手順と確認方法について再考する
~プロセスの標準化と確実な確認方法~
≪患者確認、輸血投与前確認、病理生検検体取り違え予防、ダブルチェック≫


医療の安全を確保するために当たり前のように行っている患者確認やダブルチェック。
みなさんの部署で行われている方法は有効なのでしょうか。
本セミナーでは、業務手順と確認方法をテーマとして、患者確認、輸血投与前確認、病理生検検体取り違え予防についての手順をとりあげます。SDCA(Standardize-Do-Check-Action)サイクルに基づく日常業務管理のなかで考えていきます。
また、確認方法としてのダブルチェックについて、より効果的な方法を改めて考えてみたいと思います。

日時:平成30年1月27日(土) 13:00~16:15(受付開始 12:30)
場所:愛知県立大学守山キャンパス(名古屋市守山区上志段味東谷)
講師:寺井 美峰子先生
名古屋大学医学部附属病院 医療の質・安全管理部 病院助教
定員:100名
対象者:病院看護管理者、病院医療安全管理者
受講料:4,800円
ポスターはこちらからダウンロードできます。


【申し込み方法】
申し込み締め切り:平成30年1月9日(火)
参加を希望される方は、受講申込書にご記入の上、申し込み締め切りまでにメール・FAXのいずれかの方法でお申し込み下さい。
お申し込み締め切り後に、振込口座等のご案内を送付しますので、受講料の振込みをお願いいたします。

【申し込み・お問い合わせ先】
〒463-8502 名古屋市守山区上志段味東谷
愛知県立大学看護実践センター
TEL:052-778-7103 FAX:052-736-1415
E-mail:supportns@nrs.aichi-pu.ac.jp